普通のちょっと先がちょうどいい。ささもとのプロフィール
副業

サラリーマンが副業をするならまずはブログだと言い切る3つの理由

ブログ書け

どうも、副業としてブログを書いている仮面サラリーマンのささもと(@amaeigyo)です。

2018年は「副業解禁元年」と巷では言われているそうですが、副業していますか?

政府が副業・兼業を推進し、実際にそれに応えて副業を解禁している企業は
全体の36.9%にも上るようです。

約3割の会社が副業OK!!なんですね。

参考記事:2018年は副業解禁らしいけど、実際のところどうなの?

この記事を読んでいるあなたも、

「働いても働いても中々給料は増えない。。。」

「副業が推奨されているみたいだからやりたいけど、何をしよう?」

と悩んでここにたどり着いたのではないでしょうか?

現在、仮面サラリーマンとして少しづつ副業で稼げるようになってきたぼくは、副業をするならダントツでブログをおすすめしています。

関連記事:サラリーマン+副業の仮面サラリーマンという働き方について(準備中)

なぜなら

  1. webマーケティングや心理学のスキルが上がる
  2. ブログは働かなくても稼いできてくれるようになる
  3. 雑所得なので、会社にバレにくい

からです。

この記事ではサラリーマンが副業をするならブログをやるべき3つの理由について書いていきますね。

 

webマーケティングや心理学のスキルが上がる

ブログを書くといってもただ、書いているだけではアクセスは増えないし収益も上がらないです。

アクセスを集め、収入を得るためには

  1. webマーケティング
  2. 心理学

この2つのスキルが絶対に必要です。

 

webマーケティングのスキルがあると転職でも困らない

webマーケティングというと難しく感じますが、ようは「誰に向けて書くか」ですね。

まったくニーズのない記事を書いても読まれないので、その情報を求めている人(ターゲット)にいかに届けるか、が大事ってことです。

そして、ブログで集客をするスキルは転職する時などに大いに役に立つ可能性があります。
webでの集客が当たり前になってきている現代に、例えば

「月1万PVのブログ書いています」

と言われたら、

「そのスキルをうちの会社でも活かしてくれ!」

ってなりません?月に1万人も集客出来るんですよ?

ブログ書いている人からしたら、「1万PVなんで大したことなくね?」と思うかもしれないけれど、少なくてもブログやっていない人よりは、評価は上がるはず。

実際こんなケースもあるようですし。

 

心理学は対面でも役に立つ

webマーケティングのスキルを磨いて、ターゲットに届くような記事を書いても心を動かすことが出来なければ、収益には繋がらないです。

だってあなたも、知りたい情報を検索してブログ記事見たら

「~がおすすめです。すっごくいいんですよ。本当におすすめだから試してみてね」

みたいな記事だったらよし!買おう!!とはならいでしょ?

おすすめしているのが芸能人みたいな有名人とかだったら買う人いるかも知れないけど、そんな影響力持った有名人はこの記事読んでいないかと。

ターゲットの心を動かす文章を書くためにも、心理学が必要になってきます。

もちろん、心理学のスキルはブログ以外でも大活躍してくれます。

例えば、あなたが営業マンだった場合、今までは

「とにかく飛び込み営業をして、商品のメリットを説明してどうですか?とクロージングする」

こんな営業をしているかも知れません。

実際自分の営業スタイルってこんな感じだわ、あるいはこんな営業マンばっかり来て困っているのって人は多いはずです。

でもブログで同じことしている人はあまり見かけないですよね?

なぜならそれでは売れないから

どうニーズを掘り起こして、それに合致する価値を提供して、、、と心理学のスキルを駆使して売れる記事を書く努力をします。

これと同じことをすれば、対面の営業でもうまく行く確率は上がりますよね。オンラインでもオフラインでもアプローチ方法が違うだけで顧客の心理はそう大きく変わらないはずです。

 

スポンサーリンク

ブログは働かなくても稼いでくれるようになる

これ正直かなりでかいです

普通の人は今まで、お金稼ぐためには時給いくらで何時間働いたから、給料はいくらでって生活をしてきたと思います。

これはこれで、やればやった分だけもらえるのでいいんですが。

サラリーマンは固定給の場合が多いので、これには当てはまらないかも知れませんが、自分の時給がいくらか計算すれば同じことですよね。

基本給が20万の人が、月20日1日8時間働いていたら時給は1,250円です。

そして副業として、コンビニや居酒屋の深夜のアルバイトや、短期の派遣アルバイトをする人結構多いですが、サラリーマンが副業としてやるのは少しきつい。体力的にも時間的にも。

ブログを始めるための準備資金を稼ぐためにちょっとだけってならありだけど、ずっとは続けられないと思う。

関連記事:サラリーマンが副業でブログを始める前に短期バイトで稼ぐのはあり、全然あり(準備中)

その点ブログは違います。お金を稼ぎ始めるまでは時間がかかるししんどいけど、一度稼ぎ始めると遊んでいても寝ていても稼いできてくれます。

ぼくはブログ初めて半年くらいで、やっと月5,000円稼げるようになりましたが、それ以降記事の更新があまり出来ていなくても毎月だいたい同じくらいは稼いできてくれます。

もちろん現状に満足せずに、まだまだ稼いでいきますが、アルバイトなどとは違って少しサボっても収入が0になることはそうそうないでしょう。

ネックは上にも書いたように、収益化出来るようになるまでが、時間かかってしんどい。

正しいブログの知識を学んで実践していくしかないですね。

ちなみに、ブログについてしっかり学びなるべく短期間で結果を出したいなら資産ブログ構築マニュアルがおすすめ。

ブロガーなら誰でも知っているような超有名ブロガーの中にも初期はこれで学んでいた人が結構いたりと実績はお墨付きです。

(マニュアル作成者のヒキコモリズム井上という方は、自分の実績ではなく本人の努力のおかげ、ということでおおっぴらに誰とは言いませんが)

参考記事:無収入から3年連続で年商1000万円を達成したので、ブログで稼ぐ方法をまとめました【資産ブログ構築マニュアル】

なるべく早めに結果を出せれば、その分早く、働かなくてもある程度の収入が自動的に入ってくる状態になれるはず。

 

スポンサーリンク

雑所得なので副業禁止の会社でもバレにくい

3つめはこれ、税金に関わる話です

副業解禁元年とは言いつつ、まだまだ副業禁止の会社も多いし、出来ることならバレずにやりたいですよね。

ぼく自身、税金にはあまり詳しくないですが、副業がバレる一番の理由が
住民税のようです。

市町村から前年の収入に応じて、住民税の決定通知書というものが、会社に送られてきます。
その住民税が会社からの給与に比べて明らかに高いと不審に思われてバレてしまう、このパターンが一番多いみたいですね。

これを避けるために、よく副業の収入分の住民税は普通徴収という会社を通さず自分で納付する形にしようね、と言われていますがアルバイトなどの給料として受け取った所得は普通徴収に出来ないんですね。

バレてしまう可能性が高いわけです。

まあ最近はバレずにいける可能性も増えたみたいですが。
(ちなみにぼくも去年、副業で短期のアルバイトしましたが、会社にはバレませんでした)

この辺の詳しい話は↓にまとめたので、ここでは割愛しますね。

関連記事:サラリーマンが会社に副業バレしないために、気をつけるべきこととは?(準備中)

一方でブログを運営することで得られる、広告収入やアフィリエイト収入は雑所得になります。
雑所得なら普通徴収にすることが可能なので、しっかり確定申告をすればまずバレることはないでしょう。

サラリーマンがやるのにかなりリスクの低い副業だと言えますね。

 

スポンサーリンク

サラリーマンはブログを書こう

サラリーマンの副業って何したらいいんだろう、そう迷っている人はまずはブログを書いてみましょう

ブログでしっかり結果を残せるようになれば、

  • webマーケティングや心理学のスキルが身に付いて、本業や転職の際に活きる
  • 結果が出始めれば、多少サボっても勝手に収益を生んでくれる
  • 雑所得で会社にバレにくい

こういったメリットを得ることが出来ます。

コツコツ続けることさえ出来れば、こんなに素晴らしい副業はないですよね。

何よりブログ書くの、楽しいですよ。病みつきになります。

あなたもサラリーマンブロガーになってみませんか?

ではでは。

ブログをこれから始めたい人におすすめの記事

サラリーマンブロガーが教える!ブログの始め方(準備中)

ブログの本質を掴んで最短で結果を残したい人には資産ブログ構築マニュアルがおすすめ

関連記事:無収入から3年連続で年商1000万円を達成したので、ブログで稼ぐ方法をまとめました【資産ブログ構築マニュアル】

こっちもフォローしてね!
  1. リアルタイム発信:Twitterをフォローする
  2. ささもとのプロフィール:営業マンのQOL向上を目指すささもとってどんな人?