普通のちょっと先がちょうどいい。ささもとのプロフィール
ライフハック

リップクリームの塗り過ぎは依存症?克服するための3つの方法を紹介します

どうも、ささもと(@amaeigyo)です。

最近だいぶ寒くなってきましたね。

肌が乾燥する季節です。

ハンドクリームやリップクリームが手放せなくなってきましたね。

ところで、みなさんやみなさんの周りにリップクリームめちゃ塗る人いません?

もう1日に何回も何回も塗る人。

実はこれリップクリーム依存症のせいかもしれません。

そして何を隠そう実は僕も昔立派なリップクリーム依存症でした。

今日は僕がどうやってリップクリーム依存症から抜け出したのか、という話です。

 

そもそもリップクリーム依存症ってなに?

そもそもリップクリーム依存症って何?って話ですよね。

正式にはリップクリーム依存症という病名はありません。

ただ罹っていた僕から言わせて頂けば、「塗るのやめよう、やめよう」と思っても自分の意志ではどうすることも出来ず塗ってしまうのはまさに依存症だったと思います。

なぜリップクリームを塗りすぎるのがよくないのでしょうか?

唇を乾燥から守ってくれるんだからいいじゃないか?と思いますよね。

どうも人間の唇にはもともと治癒力があり、荒れやひび割れを自力で治そうと頑張っているらしいです。

ただ唇はほかの部位よりデリケートなため、その治癒力を補う意味でリップクリームが役に立つんですね。

しかし、塗りすぎるとその本来持っている治癒力が失われてしまうようです。

また、治癒力がない→乾燥する→何度も塗る

というループに陥ると、リップクリームを塗る摩擦でますます唇に傷がつきリップクリームが手放せなくなる、という悪循環の無限ループに陥ってしまうのです。

もちろん僕も、この悪循環の無限ループに陥っていましたが、それが依存症だなんて全く知りませんでした。

当時の僕はリップクリームをほんとに手放せなくて、季節問わず1日何回も塗りまくっていました(おそらく毎時間塗っていたと思います)

使いきったり、忘れたり失くしてしまおうものならすぐ近くのコンビニかドラッグストアに寄り買い足していました。

持ち歩くカバンにも予備を忍ばせていました。

塗りすぎというのは自覚していましたが、もともと肌が弱かったので、仕方がないことだと思っていました。

社会人になってしばらくしたある日、初めて会う先輩に同行してもらう機会がありました。

その時の車の中でいつものようにリップクリームを塗っていたらこいう言われました。

「お前あれか、リップクリーム手放せないタイプだろ。俺の友達にもいるよ、くせになっちゃうんだよな、塗ることが」

こう言われた時に初めて自分は異常だ、と気づきました。

それからネットで調べると色んな情報がありました。

正直「治癒力が失われている」と言われてもあまり具体的にデメリットがわからなかったのですが、そもそも常にリップクリームを手放せなくて、塗れない時にイライラしたり、ないとすぐ買いに走る生活は辛かったのでなんとか治そうと決心しました。

 

スポンサーリンク

僕が実践したリップクリーム依存症の治し方を3つあげてみる

リップクリーム依存から抜け出すにはどうしたらいいか?

すっっっっっっごく簡単に言うと「リップクリームを塗らなければいい」のです。

でもこれじゃ、「そんなのわかってるよ!」「ふざけんな!」って話ですよね。

だから、どうやってリップクリームを塗る回数を減らすか、当時考えまくって実践した結果、効果があったものを3つ紹介したいと思います。

リップクリームをリップバームに変えた

リップバームってご存知ですか?

たぶん女性の方は使っている方も多いんではないでしょうか?

リップクリームはその名の通り「保湿クリーム」です。

一方、リップバームはもっと濃厚なバターを塗っているような感覚です。

こってり濃厚な分、リップクリームよりも保湿の持ちがよい気がしました。

この「気がしました」ってのも大事で、思い込みでもなんでも脳に「塗る必要ないよ」って学習させればいいのです。

なので1回塗ったら、乾燥した気がしても「リップバームだから乾燥してない!」と思い込んで塗る回数を少しづつ減らしていきました。

ちなみに僕はLUSHの物を使っていました。

 

リップクリームを持ち歩くのをやめた

これも単純に塗らないようにするためですね。

リップクリームを塗って安心感を得てもやはりしばらくすると、ヒリヒリ痛くて塗りたくなってきます。

でも持ち歩くのをやめました。

そして塗りたい気持ちを忘れるためにも、仕事に没頭しました。

はっきり言って地獄でした。

何度も買いに走ろうとしましたが、無理やり我慢しました。

ここははっきり言って精神論です。

ですが、数日もすると徐々に塗らないことに慣れてきます。

ちなみにリップバームは朝昼夜の3回は塗るようにしました。

マスクをつけるようにした

リップクリームを使って保湿効果を得ることを避けていた代わりに、マスクをつけることで無理やり保湿効果を感じるようにしていました。

ほら、呼気でなんとなく保湿効果ありそうな気がしませんか笑?

冗談みたいだけど、「潤ってる、潤ってる、大丈夫」と言い聞かせていました。

 

スポンサーリンク

依存症を治すのは正直めちゃめちゃ大変です

アルコールにしてもギャンブルにしても、依存症を治すのってほんとに大変だと思います。

だって、リップクリームへの依存をやめることですらめちゃめちゃ大変でしたから。

まずは自分が塗る頻度を少しでも減らしていけばよいと思います。

1時間に1回を1時間半に1回にするとか。

そういう小さな1歩から少しづつ克服していけると思います。

こういうちょっとした依存って本人は悩んでいても周りは気にしていないことも多いですよね。

大して参考にもならない克服法ですが、1人でも多くのリップクリーム依存症の人に届くことを祈って今日はペンを置きたいと思います。

ではでは!

 

 

 

こっちもフォローしてね!
  1. リアルタイム発信:Twitterをフォローする
  2. ささもとのプロフィール:営業マンのQOL向上を目指すささもとってどんな人?