普通のちょっと先がちょうどいい。ささもとのプロフィール
エンタメ

My Hair is Bad が女々しくて最高にいい

どうも、ささもと(@amaeigyo)です。

みなさん、My Hair is Badというバンドを知っていますか?

昨年、このMVで一気に人気になりました。

(女の子めちゃめちゃかわいい)

と言っても有名になったのはロッキンジャパンとかが好きな人の間の話で、お茶の間で大人気とまでは到底いかないですね。

では、質問を変えます。

みなさん、バックナンバーってバンドを知っていますか?

おそらく知っている人のが多いんじゃないでしょうか。

ドラマとかでもたくさんかかっていますよね。

昨年、ミュージックステーションに出たバックナンバーのボーカル清水依与吏が、「アーティストが選んだとっておきの切ない1曲」というコーナーで冒頭の真赤という曲を紹介し話題になったのがMy  Hair is Badです。

その時のまとめ記事がこちら

女々しい男代表のような歌を歌うバックナンバーの清水依与吏が選んだこのバンド、はっきり言ってバックナンバーの何倍も

女々しい

そして

生々しい

です。

バックナンバーってどちらかと言うと、女々しいけど少し爽やかで

男からは「あーなんかわかるー」という感じに共感を得、

女の人からは「こんな風に想われたい!!」

というような、歌詞の中の女の子に憧れるような、そんな曲を書くバンドです。

一方My  Hair is Bad(長いので以後マイヘアと略します)は強烈すぎて

男からは「めっちゃわかる!!」(一部の男のみ)と共感され

女の人からは「え、さすがに引く。。。」と言われてしまうような曲を書くバンドです。

でも女性ファンも多いのはボーカルの椎木知仁がいわゆるイケメンだからでしょうか?イケメンは正義!!(それでも引いちゃう女の子がいるくらいやばいです)

一度ハマったら中々抜け出せないそんな魅力を持ったバンドでもあります。

今日は、このマイヘアを全力でオススメしたいと思います!!

 

実際、どれくらい女々しいの?

とは言っても実際どれくらい女々しいんでしょうか?

まずは代表曲を1曲紹介します。

 

タイトルが「元彼氏として」

やばい予感しかしない(笑)

今の彼氏は煙草吸うし 背が低いし色が黒いし
今の彼氏は変な香水 いかついサングラス
どうなの?

前の彼氏の僕はどうだ 煙草吸わないし背も高いし
幼馴染だし すぐさま休み取れるし
どうなの?

静かにしたまま考えて 今の彼に気付かれないで
素直にそのまま考えて 今からの相談だ

想ってるよ見てるよ ずっと見てるよ
想ってる知ってるよ え?引いてるの?
今は君の彼氏じゃない でも今の奴とお似合いじゃない
何か騙されちゃってんじゃない 元、君の彼氏より

 

どうでしょう?

予想以上にやばいww

と思った人もいるんじゃないでしょうか?

自分で「え?引いてるの?」って言っちゃってるくらいなので自覚も少しあるのかも知れません(笑)

他にも

君の掌で踊る 君の掌で踊る
踊らされてるんじゃない
ただもっと上手に踊りたい

by接吻とフレンド

 

僕が写真を眺めてる間に
君は結婚しちゃったりするんだろうか
隣になぜか花束とタキシードでキメ込んだ
僕がいるんじゃないかって思ってしまっている

中略

結婚したいなって思ってたんだ
でも思っていただけだったんだ
どういうことかわかんなかった
合鍵で開けても君はいなかった
僕の荷物がまとまり 手紙が置いてあった

byグッバイ・マイマリー

 

冒頭で紹介した真赤でも

空っぽのコルクボードには
どんな写真があったのか気になった
見つめたまま隣で黙っていた
君の犬なりに気を遣ったんだ

などなど、やばめな曲が盛りだくさんです。

ちなみにこのマイヘアのボーカル椎木知仁は、歌詞もやばいですがライブもやばいことで有名です。

ノってくるとがんがん歌詞変えて、元カノへの未練を叫び出します。

今年のロッキンジャパンで観てきましたが、上で紹介した「元彼氏として」も歌詞を変えて「俺の方が金稼いでるのに!」みたいなことを叫んでいました。

ちなみに今年のロッキンジャパンでは1万人以上収容するステージをほぼいっぱいにしていたので、本当に大人気バンドなんです。

では、なぜ大人気なのでしょうか?

女々しい歌詞も魅力ですが、曲もシンプルなギターロックでかっこいいです。ただ、それ以上に僕が思うには、別れの歌が抜群にいいです。

めちゃめちゃ刺さります。

 

スポンサーリンク

マイヘアの別れの歌は切なさにキュっとなる

先ほども触れましたが、本当に別れの歌が切なくてすごくいいです。

ボーカルの椎木知仁が声を絞り出すように歌い上げるその姿は、失恋した時のこと、青春時代を思い出して胸がキュッとします。

2曲ほど紹介したいと思います。

「恋人ができたんだ」

 

恋人ができたんだ
本気で好きと思う子なんだ
君の調子はどう?君の調子はどうだい?

中略

別れる と 離れる は似たようで違うみたいだ
僕らも二人と呼ばれてたね

中略

でも もしも 君を知らなかったら
今の 恋人も 好きになってなかったんだろう
顔も 歳も 話し方も 好きな物さえも違う
番号も 指輪も 下着の場所も 写真も
録画していたあのドラマも
もう覚えていなくてもいいのに

恋人ができたって
君からちゃんと聞いていないよ
(風の噂で聞いていたんだ)
どうか幸せに

愛し合ってしまった 繋がってしまった
それは消せないけど
奪ってしまった 奪われていった
心を返してもう眠ろう
時間が経って 思い出せなくなって
忘れてもいいよね
恋は薄まって でも愛はまだ残っているの?
もう会えないよ
僕ら 恋人ができたんだ

やっぱりすごく切ない気持ちになります。

実は、この記事書きながら紹介する動画を見直していたんですが、昔のいろんなことを思い出してキュッとなっていました。

音楽のすごいところは、こうやって自分を過去の色んな思い出を思い出す旅に連れて行ってくれるところだと思います。(キザ)

「この曲流行った頃、あんなことあったな」とか「この曲みたいな経験俺にもあったな」とか。

椎木知仁の作る歌はすごくリアルで生々しく、色んな過去の思い出を蘇らせてくれます。(僕が女々しいだけでしょうか?)

では、もう1曲

「卒業」

渋谷駅前は今日もうるさい
なかなか二人になれない
たまには手を繋ぎたい
そんなに素直になれない
帰りの電車はギュッと混みあい
降りる扉は反対
その瞬間ふと目と目が合い
二人、手繋いでいたんだ

中略

冬になればもう一年だね
愛したって愛されたって身勝手だって思った
僕はわかんなかった

さよならは言わないで
僕ら、友達に戻ろう

中略

冬になるとまた思い出すね
なんて言うか、悲しかった時のことですらも
忘れたくないって思うの

ありがとうって言わないで
私たち、恋人に戻ろう

中略

一万回間違ったって
恋や愛をやめられないさ
さよならだけを伝えるつもりがありがとうと言う
僕にとって 君にとって じゃなく 二人にとって
子供のままじゃダメだ でも 大人ってなんだ

渋谷駅前は今日もうるさい
なかなか一人になれない街角で人が抱き合い
東京はもう春みたい
帰りの電車はすぐ座れた
いつもの駅とは反対
恋人でも 友でもない
二人からの卒業

やばい、泣ける。

渋谷で別れたことないけど泣ける。

ちなみにこの「卒業」は冒頭で紹介した「真っ赤」のアフターストーリーとなっているらしいです。

もちろん、ボーカル椎木知仁の体験をもとに作られているそうです。

ちなみに、この時の彼女と別れてからは彼女は出来ていないそうです。周りから警戒されているんじゃ。。。

 

スポンサーリンク

女々しさだけが取り柄じゃない

ずーっと一貫して女々しい女々しいと言ってきましたが、このバンドの魅力は女々しさだけではありません。

まず、先ほどもちらっと触れましたがシンプルなギターロックでかっこいいです。

まだ25歳の男三人のスリーピースバンドですが、結成から既に10年のキャリアがあり、全国各地のライブハウスをハイエースで回りながら年間200本近いライブをこなしていたそうなので、演奏技術もとてもしっかりしています。

最近のバンドにありがちな「ステージ上で笑いを取る」とかそういったことは一切せず、音楽1本で勝負する姿は本当にかっこいいです。

(笑いを取るバンドも好きですが)

SNSやデジタル技術でどんどん流行が生み出されていく今の時代に、ライブハウスを駆け回って音楽で勝負する「アナログ」さがどれだけ受け入れられるかとても興味深いです。(SNSなどはふつうにやっています、念のため)

願わくばもっともっと売れてほしいな、と感じるバンドですがこの強烈な女々しさが受け入れられるかどうか。。。

ドロドロ系の恋愛ドラマのタイアップとか1本決まれば一気にドカンと来る気もします。

今のうちにチェックしておいて損はないと思います。

woman’s(初回限定盤)(DVD付)

woman’s(初回限定盤)(DVD付)

My Hair is Bad
3,773円(02/18 17:17時点)
Amazonの情報を掲載しています
mothers(初回限定盤)(DVD付)

mothers(初回限定盤)(DVD付)

My Hair is Bad
4,200円(02/18 17:17時点)
Amazonの情報を掲載しています
こっちもフォローしてね!
  1. リアルタイム発信:Twitterをフォローする
  2. ささもとのプロフィール:営業マンのQOL向上を目指すささもとってどんな人?