普通のちょっと先がちょうどいい。ささもとのプロフィール
セールスハック

映画「検察側の罪人」から営業マンが学ぶべきこと

検察側の罪人

どうも、ささもと(@amaeigyo)です。

キムタクと嵐の二宮和也主演ということで話題の映画「検察側の罪人」を観てきました。

2人の検察官を中心に正義とは何か?という人間の根源的な命題に深く切り込んだ作品。

ぼくはこの映画に頻繁に出てくるあるセリフを聞いて、営業マンが学ぶべき大事な内容だ、と感じました。

そのセリフが「自分が描いたストーリーに固執する検察官は犯罪に走る」です。

ここから営業マンが何を学ぶべきか、紹介したいと思います。

 

検察側の罪人のあらすじ

都内で発生した殺人事件。犯人は不明。事件を担当する検察官は、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、刑事部に配属されてきた駆け出しの検事・沖野。

最上は複数いる被疑者の中から、一人の男に狙いを定め、執拗に追い詰めていく。その男、松倉は、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の重要参考人であった人物だ。

最上を師と仰ぐ沖野は、被疑者に自白させるべく取り調べに力を入れるのだが、松倉は犯行を否認し続け、一向に手応えが得られない。

やがて沖野は、最上の捜査方針に疑問を持ち始める。

「最上さんは、松倉を、犯人に仕立て上げようとしているのではないか?」・・・。互いの正義を賭けて対立する二人の検事。彼らの戦いに、待ち受けていた決着とはー。

引用:映画「検察側の罪人」公式ページ

作者は「犯人に告ぐ」で一躍脚光を浴びた雫井脩介。
時効廃止以前の殺人事件や、捜査機関によって生み出される冤罪など、司法制度が抱える問題点に鋭く切り込み社会派ミステリの最高傑作と評価されています。

映画の主な登場人物をこちら。

最上毅(木村拓哉)・・・主人公のエリート検事。「自分が描いたストーリーに固執する検察官は犯罪に走る」がモットー

沖野啓一郎(二宮和也)・・・最上の下に配属されたばかりの若手検事。入庁時の研修担当であった最上の考えに激しく共鳴し、「最上流正義の後継者」を名乗っている

橘沙穂(吉高由里子)・・・沖野付きの検察事務官。時たま鋭い意見をストレートに言い放つ若手検察事務官。
実はある秘密を抱えている

諏訪部利成(松重豊)・・・闇社会のブローカー。実は最上と裏で繋がりがあり、、、

松倉重生(酒向芳)・・・老夫婦殺人事件の被疑者。時効となった過去の未解決殺人事件の重要参考人でもあった

他にも豪華なキャストがたくさん出演していますが、特に物語に深く関わってくるのが彼ら。

 

スポンサーリンク

正義が歪んでいく瞬間がリアルに描かれている

検察側の罪人 正義とは何か

物語は老夫婦殺人事件を追いかけるところからスタートします。その中で浮かび上がってきた容疑者の1人は、主人公である最上が学生時代を過ごした寮のアイドル的存在だった女子高生が殺害された事件の重要参考人だった男。

事件は残念ながら時効を迎えてしまっている中で、最上や当時事件を追っていた刑事はなんとかその男を逮捕して次こそ罪を償わせたいと意気込みます。

しかし、彼らの思惑とは裏腹に別の男が有力な容疑者として浮上してきます。

この時なんとしてでも、罪を償わせたい最上の正義が徐々に歪み、彼を犯人に仕立て上げようとしていきます。

そしてそれに気づき一度は検察から逃げ出した沖野。しかし、彼もまた「人」としての正義のために再び戦い始めるのでした。

このように法律で見れば確実にダメなことも

・1人の人として考えたら?
・自分がこの立場なら法律的に正しい行動が取れるか?

と深く考えさせてくれる作品です。

ぼくだって親しくしてた人が殺された事件の犯人かもしれない男が、別の事件の容疑者だったら、なんとか捕まえて罪を償わせたい。でもそれは法律に反する。きっと葛藤すると思います。

 

スポンサーリンク

自分が描いたストーリーに固執してはだめ

この映画で主人公である最上毅(木村拓哉)が一貫して言い続けるのが

「自分が描いたストーリーに固執する検察官は犯罪に走る」

そして

「弁護士は自分の作ったストーリーに沿った証言を手に入れるためにあの手この手を尽くしてくるから気をつけろ」

ストーリーを特に強調して話をしています。

これが営業マンのぼくは妙に納得してしまいまして。

検察官や弁護士に限らず営業マンもストーリーを大事にします。

トークスプリクトを用意してその通りに話したり、プレゼンの流れを決めてその通りに話したり。

アプローチの段階でも、このお客さんは「こういうことに困ってるはずだ!」と決め打ちしてそう誘導していくようなストーリーを作ったり。

ストーリーを作ることは確かに大事です。
でもストーリー通りに進まなかった時に柔軟に対応していけるか?

そこが大事です。営業は相手があること。当然相手のストーリーもあるので全てが自分の思い通りにはいきません。

それを自分の描いたストーリーに固執した営業マンはどうなるか。おそらくその商談はうまくいかないでしょう。
もしうまくいったとしても、必ずどこかでお客さんと衝突します。

映画の中で主人公最上毅(木村拓哉)は自分のストーリーに全てを当てはめようとしていきました。

その結果がどうなったか。それは映画を見てのお楽しみに。。。

こっちもフォローしてね!
  1. リアルタイム発信:Twitterをフォローする
  2. ささもとのプロフィール:営業マンのQOL向上を目指すささもとってどんな人?